彩書き順 » 彩の熟語一覧 »銀彩の読みや書き順(筆順)

銀彩の書き順(筆順)

銀の書き順アニメーション
銀彩の「銀」の書き順(筆順)動画・アニメーション
彩の書き順アニメーション
銀彩の「彩」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

銀彩の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. ぎん-だみ
  2. ギン-ダミ
  3. gin-dami
銀14画 彩11画 
総画数:25画(漢字の画数合計)
銀彩
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
銀彩と同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
彩銀:みだんぎ
彩を含む熟語・名詞・慣用句など
彩ふ  濃彩  虹彩  彩釉  淡彩  単彩  多彩  星彩  水彩  色彩  七彩  迷彩  油彩  彩り  彩る  彩紋  彩文  生彩  彩漆  文彩  精彩  神彩  彩絵  彩衣  三彩  彩墨  彩管  金彩  彩色  銀彩  五彩  光彩  彩雲  彩光  顔彩  異彩  彩筆  彩層  彩色  彩陶    ...

銀彩の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

『春と修羅』」より 著者:宮沢賢治
※ああ お月さまが出てゐます※ ほんたうに鋭い秋の粉や 玻璃末《はりまつ》の雲の稜に磨かれて 紫磨銀彩《しまぎんさい》に尖つて光る六日の月 橋のらんかんには雨粒がまだいつぱいついてゐる なんといふこの....
[熟語リンク]
-銀を含む熟語
-彩を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「銀彩」例文/複合語/意味