彩書き順 » 彩の熟語一覧 »七彩の読みや書き順(筆順)

七彩の書き順(筆順)

七の書き順アニメーション
七彩の「七」の書き順(筆順)動画・アニメーション
彩の書き順アニメーション
七彩の「彩」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

七彩の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. しち-さい
  2. シチ-サイ
  3. shichi-sai
七2画 彩11画 
総画数:13画(漢字の画数合計)
七彩
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
七彩と同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
彩七:いさちし
彩を含む熟語・名詞・慣用句など
彩ふ  濃彩  虹彩  彩釉  淡彩  単彩  多彩  星彩  水彩  色彩  七彩  迷彩  油彩  彩り  彩る  彩紋  彩文  生彩  彩漆  文彩  精彩  神彩  彩絵  彩衣  三彩  彩墨  彩管  金彩  彩色  銀彩  五彩  光彩  彩雲  彩光  顔彩  異彩  彩筆  彩層  彩色  彩陶    ...

七彩の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

海神別荘」より 著者:泉鏡花
おの》五色の輝《かがやき》を放ち、名詞、代名詞、動詞、助動詞、主客、句読《くとう》、いずれも個々別々、七彩に照って、かく開きました真白《まっしろ》な枚《ペエジ》の上へ、自然と、染め出さるるのでありまして。....
葬列」より 著者:石川啄木
つるのだ。狂人繁と狂女お夏とは神の御庭《みには》に地上の舞を舞ふて居るのだ。 突如、梵天の大光明が、七彩嚇灼の耀を以て、世界開發の曙の如く、人天三界を照破した。先づ雲に隱れた巨人の頭《かしら》を染め、つ....
葬列」より 著者:石川啄木
るのだ。狂人繁と狂女お夏とは神の御庭に地上の舞を舞ふて居るのだ。 突如、梵天《ぼんてん》の大光明が、七彩|赫灼《かくしやく》の耀《かがやき》を以て、世界|開発《かいほつ》の曙の如く、人天《にんてん》三界....
[熟語リンク]
-七を含む熟語
-彩を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「七彩」例文/複合語/意味