彩書き順 » 彩の熟語一覧 »色彩の読みや書き順(筆順)

色彩の書き順(筆順)

色の書き順アニメーション
色彩の「色」の書き順(筆順)動画・アニメーション
彩の書き順アニメーション
色彩の「彩」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

色彩の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. しき-さい
  2. シキ-サイ
  3. shiki-sai
色6画 彩11画 
総画数:17画(漢字の画数合計)
色彩
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
色彩と同一の読み又は似た読み熟語など
正式裁判  長壁式採炭  炭柱式採炭  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
彩色:いさきし
彩を含む熟語・名詞・慣用句など
彩ふ  濃彩  虹彩  彩釉  淡彩  単彩  多彩  星彩  水彩  色彩  七彩  迷彩  油彩  彩り  彩る  彩紋  彩文  生彩  彩漆  文彩  精彩  神彩  彩絵  彩衣  三彩  彩墨  彩管  金彩  彩色  銀彩  五彩  光彩  彩雲  彩光  顔彩  異彩  彩筆  彩層  彩色  彩陶    ...

色彩の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

あの頃の自分の事」より 著者:芥川竜之介
髴《はうふつ》させる所以《ゆゑん》だつた。ゴオテイエの病的傾向は、ボオドレエルのそれとひとしく世紀末の色彩は帯びてゐても、云はば活力に満ちた病的傾向だつた。更に洒落《しや》れて形容すれば、宝石の重みを苦に....
」より 著者:秋田滋
型《いがた》というものはあるでしょう。それを取っておけば、同じような輪廓《りんかく》をもち、同じような色彩《いろ》をした像を幾つとなく造ることは出来るでありましょう。しかしながら、あの体あの顔は、もう二度....
支那の明器」より 著者:会津八一
れも優秀なものを沢山に持つて居られる。横川博士の蒐集は近年宮内省へ献納された。美術的によく出来て居て、色彩が製作当時のまゝで、おまけに形が珍らしいものなどになると数百円から千円以上のものも稀ではない。しか....
[熟語リンク]
-色を含む熟語
-彩を含む熟語
類語・類義語辞典
-色彩の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「色彩」例文/複合語/意味