彩書き順 » 彩の熟語一覧 »淡彩の読みや書き順(筆順)

淡彩の書き順(筆順)

淡の書き順アニメーション
淡彩の「淡」の書き順(筆順)動画・アニメーション
彩の書き順アニメーション
淡彩の「彩」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

淡彩の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. たん-さい
  2. タン-サイ
  3. tan-sai
淡11画 彩11画 
総画数:22画(漢字の画数合計)
淡彩
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
淡彩と同一の読み又は似た読み熟語など
降誕祭  歳旦祭  聖誕祭  単彩  単細胞  淡菜  短才  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
彩淡:いさんた
彩を含む熟語・名詞・慣用句など
彩ふ  濃彩  虹彩  彩釉  淡彩  単彩  多彩  星彩  水彩  色彩  七彩  迷彩  油彩  彩り  彩る  彩紋  彩文  生彩  彩漆  文彩  精彩  神彩  彩絵  彩衣  三彩  彩墨  彩管  金彩  彩色  銀彩  五彩  光彩  彩雲  彩光  顔彩  異彩  彩筆  彩層  彩色  彩陶    ...

淡彩の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

戯作三昧」より 著者:芥川竜之介
乱鴉《らんあ》と、――画面のどこを眺めても、うそ寒い秋の気が動いてゐない所はない。 馬琴の眼は、この淡彩の寒山拾得《かんざんじつとく》に落ちると、次第にやさしい潤《うるほ》ひを帯びて輝き出した。 「何時....
戯作三昧」より 著者:芥川竜之介
》と、――画面のどこを眺《なが》めても、うそ寒い秋の気が動いていないところはない。 馬琴の眼は、この淡彩の寒山拾得《かんざんじっとく》に落ちると、次第にやさしい潤いを帯びて輝き出した。 「いつもながら、....
久保田万太郎氏」より 著者:芥川竜之介
煙草のロシアの紙巻よりも柔かなるが如し。のみならず作中の風景さえ、久保田君の筆に上るものは常に瀟洒たる淡彩画なり。更に又久保田君の生活を見れば、――僕は久保田君の生活を知ること、最も膚浅なる一人ならん。然....
[熟語リンク]
-淡を含む熟語
-彩を含む熟語
類語・類義語辞典
-淡彩の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「淡彩」例文/複合語/意味