悦書き順 » 悦の熟語一覧 »悦ばすの読みや書き順(筆順)

悦ばすの書き順(筆順)

悦の書き順アニメーション
悦ばすの「悦」の書き順(筆順)動画・アニメーション
ばの書き順アニメーション
悦ばすの「ば」の書き順(筆順)動画・アニメーション
すの書き順アニメーション
悦ばすの「す」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

悦ばすの読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. よろこば-す
  2. ヨロコバ-ス
  3. yorokoba-su
悦10画 
総画数:10画(漢字の画数合計)
悦ばす
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:3文字(3字熟語リストを表示する) - 読み:5文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
悦ばすと同一の読み又は似た読み熟語など
喜ばす  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
すば悦:すばころよ
悦を含む熟語・名詞・慣用句など
円悦  禅悦  大悦  法悦  満悦  恐悦  恭悦  清悦  怡悦  良悦  悦ぶ  自悦  玄悦  食悦  欣悦  悦喜  悦楽  悦服  感悦  光悦  悦般  喜悦  植木悦  光悦本  宮里悦  空悦び  守悦尼  光悦流  柳楢悦  林玄悦  悦ばす  柳宗悦  光悦寺  林門悦  悦目抄  仁木悦子  随翁舜悦  星野良悦  小宮悦造  春応禅悦    ...

悦ばすの使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

「味の素」発明の動機」より 著者:池田菊苗
居たり。 明治四十年五二会の競進会より余が妻は一束の好良なる昆布を求め来れり。余之を見て思へらく眼を悦ばす美麗なる色素や嗅覚を楽ましむる馥郁たる香料は化学工業によりて数多く製造されつゝあれども味覚に訴ふ....
演劇の大衆性」より 著者:岸田国士
を「狭く」する。蓼食ふ虫もすきずきといふ域に達したら、本人はそれでも満足であらうが、決して、多くの人を悦ばす所以ではない。マンネリズムは、勿論、一種の臭味である。芸の臭味は、同時に、芝居の臭味である。さう....
沢氏の二人娘」より 著者:岸田国士
子 いらないわ。ぢや、云ひなさいよ。 悦子 頼りないなあ……。でも、思ひ切つて云ふわ――愛ちやんを悦ばすと思つて云ふわ。 愛子 (ぴくりと眉を動かす) 悦子 あたし、実は、学校のある男の教師と、三....
[熟語リンク]
-悦を含む熟語
-すを含む熟語
類語・類義語辞典
-悦ばすの類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「悦ばす」例文/複合語/意味