悦書き順 » 悦の熟語一覧 »禅悦の読みや書き順(筆順)

禅悦の書き順(筆順)

禅の書き順アニメーション
禅悦の「禅」の書き順(筆順)動画・アニメーション
悦の書き順アニメーション
禅悦の「悦」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

禅悦の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. ぜん-えつ
  2. ゼン-エツ
  3. zen-etsu
禅13画 悦10画 
総画数:23画(漢字の画数合計)
禪悦
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
禅悦と同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
悦禅:つえんぜ
悦を含む熟語・名詞・慣用句など
円悦  禅悦  大悦  法悦  満悦  恐悦  恭悦  清悦  怡悦  良悦  悦ぶ  自悦  玄悦  食悦  欣悦  悦喜  悦楽  悦服  感悦  光悦  悦般  喜悦  植木悦  光悦本  宮里悦  空悦び  守悦尼  光悦流  柳楢悦  林玄悦  悦ばす  柳宗悦  光悦寺  林門悦  悦目抄  仁木悦子  随翁舜悦  星野良悦  小宮悦造  春応禅悦    ...

禅悦の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

二日物語」より 著者:幸田露伴
て、浮世の人の厭ふ冬さへ却つてなか/\をかしと見る、此の我が思ひの長閑さは空飛ぶ禽もたゞならず。されど禅悦《ぜんえつ》に着《ぢやく》するも亦是修道の過失《あやまち》と聞けば、ひとり一室に籠り居て驕慢の念を....
知々夫紀行」より 著者:幸田露伴
りこの窟に入りて出ずることを窟禅定と呼びならわせる由なるが、さらばこの窟を出でたる時の心地をば窟禅定の禅悦ともいうべくやなどと、私《ひそか》に戯れながら堂の前に至る。この窟地理の書によるに昇降《のぼりくだ....
[熟語リンク]
-禅を含む熟語
-悦を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「禅悦」例文/複合語/意味