奴書き順 » 奴の熟語一覧 »賤奴の読みや書き順(筆順)

賤奴の書き順(筆順)

賤の書き順アニメーション
賤奴の「賤」の書き順(筆順)動画・アニメーション
奴の書き順アニメーション
賤奴の「奴」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

賤奴の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. せん-ど
  2. セン-ド
  3. sen-do
賤15画 奴5画 
総画数:20画(漢字の画数合計)
賤奴
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
賤奴と同一の読み又は似た読み熟語など
球泉洞  玉泉洞  三味線胴  山道  詩仙堂  守銭奴  仙道  先途  先度  先導  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
奴賤:どんせ
奴を含む熟語・名詞・慣用句など
彼奴  奴僕  奴輩  奴輩  倭奴  匈奴  奴頭  賤奴  髯奴  奴凧  奴草  奴詞  奴国  奴僕  奴踊  彼奴  彼奴  彼奴  農奴  奴婢  其奴  其奴  其奴  町奴  奴等  奴隷  奴隷  奴国  奴袴  奴雁  此奴  剣奴  供奴  此奴  此奴  爾奴  官奴  女奴  山奴  何奴    ...

賤奴の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

金色夜叉」より 著者:尾崎紅葉
くべき謂無《いはれな》き責苦を受けて、かくまでに悩まさるる不幸を恨み、飜《ひるがへ》りて一点の人情無き賤奴《せんど》の虐待を憤る胸の内は、前後も覚えず暴《あ》れ乱れてほとほと引裂けんとするなり。 「第一今....
国文学の発生(第四稿)」より 著者:折口信夫
し、職業化して行つた。 其初めに出来たのは、多く法師陰陽師の姿になつて了うた唱門師《シヨモジン》(寺の賤奴の声聞身の宛て字)の徒を中心とした千秋万歳《センズマンザイ》であつた。其ことほぎを軽く見て、演芸を....
古事記」より 著者:太安万侶
やぐし》を負はしき。かれここに詔りたまはく、「吾は日の神の御子として、日に向ひて戰ふことふさはず。かれ賤奴《やつこ》が痛手を負ひつ。今よは行き※《めぐ》りて、日を背に負ひて撃たむ」と、期《ちぎ》りたまひて....
[熟語リンク]
-賤を含む熟語
-奴を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「賤奴」例文/複合語/意味