美書き順 » 美の熟語一覧 »美化の読みや書き順(筆順)

美化の書き順(筆順)

美の書き順アニメーション
美化の「美」の書き順(筆順)動画・アニメーション
化の書き順アニメーション
美化の「化」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

美化の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. び-か
  2. ビ-カ
  3. bi-ka
美9画 化4画 
総画数:13画(漢字の画数合計)
美化
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:2文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
美化と同一の読み又は似た読み熟語など
雅びか  崖石榴  完備花  軍備拡張  軍備管理  結び狩衣  呼掛け  賛美歌  指革  耳鼻科  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
化美:かび
美を含む熟語・名詞・慣用句など
精美  美婦  美姫  美眉  美髪  美肌  美白  能美  美濃  美育  美唄  美祢  美瑛  美艶  美音  美化  美徳  美果  美風  美服  美禄  美麗  絶美  美林  美様  美し  善美  全美  壮美  美容  美名  美妙  美味  美本  美幌  美貌  美文  美学  美感  美観    ...

美化の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

惜みなく愛は奪う」より 著者:有島武郎
には、人間はこの運命の狂いを悔いることなく、殆《ほと》んど捨鉢《すてばち》な態度で、この狂いを潤色し、美化し、享楽しようとさえしているのだ。 私達は幸いにして肉体の力のみが主として生活の手段である時期を....
霊訓」より 著者:浅野和三郎
』、又は『未発達』の代名詞で、純粋の悪霊そのものは存在せぬ。どんな悪霊でも、最後には皆《みな》浄化し、美化し、善化する。従ってどんな悪霊でも悉《ことごと》く神の子であり、神界の統治下にあるのである。抽象的....
三太郎の日記 第一」より 著者:阿部次郎
發する者は一面に於て卑俗である、一面に於て痴愚である。 4 薄命(〔Da:mmerung〕)が事物を美化することは屡※云はれた。此事は其自身に美しい事物に關しては適用することが出來ない。印象派の畫家は強....
[熟語リンク]
-美を含む熟語
-化を含む熟語
類語・類義語辞典
-美化の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「美化」例文/複合語/意味