普書き順 » 普の熟語一覧 »普賢の読みや書き順(筆順)

普賢の書き順(筆順)

普の書き順アニメーション
普賢の「普」の書き順(筆順)動画・アニメーション
賢の書き順アニメーション
普賢の「賢」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

普賢の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. ふげん
  2. フゲン
  3. fugen
普12画 賢16画 
総画数:28画(漢字の画数合計)
普賢
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
普賢と同一の読み又は似た読み熟語など
運転者夫婦限定特約  観普賢経  不言実行  不言不語  不増不減  普賢延命菩薩  普賢講  普賢象  普賢大士  普賢菩薩  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
賢普:んげふ
普を含む熟語・名詞・慣用句など
普賢  普く  普遍  普寛  普茶  普及  普一  普し  普茶  普通  普化  普選  普在  普天  普羅  普請  普門  普寧  普照  普寂  普陀洛  普遍的  普門寺  普化宗  普門品  普請方  普請役  普陀山  普通人  普段着  普通葉  普通税  普通話  普通法  普通車  普通紙  普遍化  普通鋼  普遍種  普通語    ...

普賢の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

」より 著者:芥川竜之介
こう呟《つぶや》く事があった。愛すべき内供は、そう云う時になると、必ずぼんやり、傍《かたわら》にかけた普賢《ふげん》の画像を眺めながら、鼻の長かった四五日前の事を憶《おも》い出して、「今はむげにいやしくな....
」より 著者:芥川竜之介
》って人目《ひとめ》に立ち兼ねなかった。人目は?――彼等の前後には観覧人《かんらんにん》が三四人、今も普賢《ふげん》や文珠《もんじゅ》の前にそっと立ち止まったり歩いたりしていた。 「いろいろ伺いたいことも....
寒山拾得」より 著者:芥川竜之介
、僕はもう二人とも、とうに死んだのかと思つてゐました。」 「何、死にやしません。ああ見えたつて、ありや普賢文殊《ふげんもんじゆ》です。あの友だちの豊干《ぶかん》禅師つて大将も、よく虎に騎《の》つちや、銀座....
[熟語リンク]
-普を含む熟語
-賢を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「普賢」例文/複合語/意味