姥書き順 » 姥の熟語一覧 »嫗山姥の読みや書き順(筆順)

嫗山姥の書き順(筆順)

嫗の書き順アニメーション
嫗山姥の「嫗」の書き順(筆順)動画・アニメーション
山の書き順アニメーション
嫗山姥の「山」の書き順(筆順)動画・アニメーション
姥の書き順アニメーション
嫗山姥の「姥」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

嫗山姥の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. こもちやまんば
  2. コモチヤマンバ
  3. komochiyamanba
嫗14画 山3画 姥9画 
総画数:26画(漢字の画数合計)
嫗山姥
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:3文字(3字熟語リストを表示する) - 読み:7文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
嫗山姥と同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
姥山嫗:ばんまやちもこ
姥を含む熟語・名詞・慣用句など
姥石  山姥  姥鮫  姥桜  姥口  姥貝  姥皮  姥等  姥髪  姥彼岸  姥百合  山姥物  姥津媛  尉と姥  石凝姥  姥が餅  嫗山姥  抱き姥  豆腐姥  蚊の姥  蚊の姥  松山天姥  姥柳惇平  姥山貝塚  石凝姥命  四季の山姥    ...

嫗山姥の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

十二支考」より 著者:南方熊楠
いて琴を弾いたという。日本にもこのような逓累譚《キユミユラチブ・ストリー》があった証拠は、近松門左の『嫗山姥《こもちやまうば》』二に荻野屋の八重桐一つ廓の紵巻《おだまき》太夫と情夫を争う叙事に「大事の此方....
大菩薩峠」より 著者:中里介山
もこれもみんないいわ」 「いちばんいいのをお取り」 「いいえ、わたし、千代紙でたくさんなのよ」 「この嫗山姥《こもちやまうば》がいいだろう」 「まあ……」 お梅は仰天してしまいました。その五彩絢爛《ごさ....
[熟語リンク]
-嫗を含む熟語
-山を含む熟語
-姥を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「嫗山姥」例文/複合語/意味