燕を含む熟語・慣用句・名詞など

燕を含む熟語・用例・名詞・慣用句など
人名、地名、施設名などを含む場合もあります。

燕の付く文字数別熟語

二字熟語
雨燕岩燕帰燕穴燕後燕後燕西燕石燕前燕
>>2字熟語一覧
三字熟語
雨黒燕腰赤燕若い燕小洞燕太平燕飛燕草燕去月燕子花燕の巣
>>3字熟語一覧
四字熟語
魚目燕石食用穴燕日柳燕石[人名]・飛燕の曲燕小灰蝶燕石雑志燕石十種燕尾仙翁燕万年青
>>4字熟語一覧
五字熟語
燕雲十六州燕然都護府燕栗園千穎[人名]・燕栗園千寿[人名]・燕川洞石鳥[人名]・談洲楼燕枝[人名]・無外坊燕説[人名]・柳燕亭苅安[人名]
>>5字熟語一覧
六字熟語
黄斑瑠璃燕蝶
>>6字熟語一覧
>>7字熟語一覧
>>8字熟語一覧
>>9字熟語一覧
>>10字熟語一覧

燕を含む11文字以上の言葉・ことわざなど

燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや

文章中に「燕」が使われいる作品・書籍

スリーピー・ホローの伝説」より 著者:アーヴィングワシントン
ったり蹴ったりして、乱暴にたたきおこした。馬はここちよい場所で深く眠りこんで、玉蜀黍《とうもろこし》や麦《えんばく》のみのっている山々や、おおかわがえりやクローバの生えた谷間を夢に見ていたのである。 ....
初雪」より 著者:秋田滋
の動揺をおさえようとするためなのであろう。透き通るような白い指をその脣《くち》に押しあてた。 彼女は《つばめ》が幾羽となく飛び交っている、目映いばかりに照りはえた青空を見上げたり、遠くエストゥレル山塊....
芥川竜之介歌集」より 著者:芥川竜之介
砂上遅日紫天鵞絨やはらかく深紫の天鵞絨《ビロウド》をなづる心地か春の暮れゆくいそいそともまへりあたゝかく郵便馬車をぬらす春雨ほの赤く岐阜提灯もともりけり「二つ巴」の春の夕ぐれ(明治座....
スポンサーリンク