一を含む熟語・慣用句・名詞など

一を含む熟語・用例・名詞・慣用句など
人名、地名、施設名などを含む場合もあります。

一の付く文字数別熟語

二字熟語
一葦一粟一案一位一意一一一印一員一因
>>2字熟語一覧
三字熟語
一つ家一つ釜一つ橋一つ襟一つ穴一つ口一つ子一つ事一つ所
>>3字熟語一覧
四字熟語
意識一般一つ一つ一つ引両一つ覚え一ツ瀬川一っ切り一っ走り一つ買い一っ飛び
>>4字熟語一覧
五字熟語
遺族一時金一つとして一つ着る物一つ目小僧一ツ葉海岸一の字繋ぎ一印陀羅尼一円一元説一塩基多型
>>5字熟語一覧
六字熟語
一ノ谷の戦い一バイト文字一遺伝子雑種一挙手一投足一芸一能入試一時ファイル一人っ子政策一人別枠方式一寸やそっと
>>6字熟語一覧

一を含む11文字以上の言葉・ことわざなど

第一インターナショナル
下種の一寸のろまの三寸
コンスタンティヌス一世
百年の恋も一時に冷める
一死一生乃ち交情を知る
正月は冥土の旅の一里塚
第一種低層住居専用地域
門松は冥土の旅の一里塚
第一次戦略兵器削減条約
一眼レフデジタルカメラ
第一イオン化エネルギー
礼楽刑政其の極は一なり
蛇は一寸にして人を呑む
千貫のかたに編み笠一蓋
惚れて通えば千里も一里
一葉落ちて天下の秋を知る
同一周波数パススルー方式
一朝の怒りにその身を忘る

文章中に「一」が使われいる作品・書籍

駅伝馬車」より 著者:アーヴィングワシントン
げ捨てて行く。 ――學校休暇の歌 前章で述べたのは、イギリスに於けるクリスマス祝祭に就ての幾つかの般的な觀察であつたが、今わたしは誘惑を感ずるままに、その具體的な例證として田舍で過したクリスマスの逸....
クリスマス・イーヴ」より 著者:アーヴィングワシントン
たしの道連れは笑ひながら云つた。「それに召使部屋がまだ賑かに笑ひさざめいてゐるうちに行き着かうと思つて所懸命なのです。わたしの父と云ふのは、よろしいですか、頑固な昔者でしてね、古風なイギリスぶりの饗應が....
スリーピー・ホローの伝説」より 著者:アーヴィングワシントン
い頑固な癖があったからだという。それはともかくとして、わたしはこの事実の真偽のほどはうけあわない。ただ応そのことを述べて、正確と厳正を期そうというわけである。この村からさほど遠くない、おそらく二マイルほ....
スポンサーリンク