游書き順 » 游の熟語一覧 »陸游の読みや書き順(筆順)

陸游の書き順(筆順)

陸の書き順アニメーション
陸游の「陸」の書き順(筆順)動画・アニメーション
游の書き順アニメーション
陸游の「游」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

陸游の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. りく-ゆう
  2. リク-ユウ
  3. riku-yuu
陸11画 游12画 
総画数:23画(漢字の画数合計)
陸游
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
陸游と同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
游陸:うゆくり
游を含む熟語・名詞・慣用句など
子游  游ぐ  游動  游士  游侠  游魚  游泳  優游  浮游  群游  游ぎ  陸游  上游  中天游  游禽類  柴田游翁  富士川游  本間游清    ...

陸游の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

伊沢蘭軒」より 著者:森鴎外
たのであらう。 此北越の遊が文化四年であつたことは、上《かみ》の文を草し畢《をは》つてから、凹巷の北陸游稿を見てこれを確証することを得た。此書はわたくしの曾て一たび蔵して、後これを失ひ、今又一書估の齎し....
海郷風物記」より 著者:木下杢太郎
搜しあてた頃には、既に海は暗く、向《さ》きの船影は既に見る可からざるに至つた。旅行記の面白さは、例へば陸游が入蜀記の土地の景物を舒し舊址を弔ふ文などの末に、晩に大風となり船人纜を増すとか、夜|雨《あめふ》....
支那の孝道殊に法律上より観たる支那の孝道」より 著者:桑原隲蔵
じまつたかの如く傳へられて居るが、既に『宋史』(卷百九十九、刑法志一)に見え、更に清の錢大※が、南宋の陸游の『渭南文集』を根據とせる證明によると、五代から行はれたこと疑を容れぬ(『養新録』卷七、凌遲の項參....
[熟語リンク]
-陸を含む熟語
-游を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「陸游」例文/複合語/意味