游書き順 » 游の熟語一覧 »游ぎの読みや書き順(筆順)

游ぎの書き順(筆順)

游の書き順アニメーション
游ぎの「游」の書き順(筆順)動画・アニメーション
ぎの書き順アニメーション
游ぎの「ぎ」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

游ぎの読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. およぎ
  2. オヨギ
  3. oyogi
游12画 
総画数:12画(漢字の画数合計)
游ぎ
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
游ぎと同一の読み又は似た読み熟語など
横泳ぎ  犬泳ぎ  合掌泳ぎ  伸し泳ぎ  水泳ぎ  背泳ぎ  平泳ぎ  片身泳ぎ  立泳ぎ  泳ぎ  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
ぎ游:ぎよお
游を含む熟語・名詞・慣用句など
子游  游ぐ  游動  游士  游侠  游魚  游泳  優游  浮游  群游  游ぎ  陸游  上游  中天游  游禽類  柴田游翁  富士川游  本間游清    ...

游ぎの使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

小国寡民」より 著者:河上肇
藁葺の家だつたが、客間の南は広々とした池になつてゐて、よく肥えた緋鯉が、盛んな勢で新陳代謝する水の中を游ぎ廻つてゐた。私はそれを見て、ひどく羨ましかつたものだ。そこは下鴨神社のすぐ側で、高野川の河水が絶え....
虹色の幻想(シナリオ)」より 著者:岸田国士
ざして進む。浦島太郎は、時々、岸の方をふり返る。 女房の顔が眼にうかぶ。 六 亀は、だんだん、早く游ぎ出す。 「いゝかい、ちやんと眼をつぶつてなよ。ほら、一、二、三、だ」 浦島太郎の姿は、水の中に消....
仏教人生読本」より 著者:岡本かの子
のは猟犬のごとく走り廻っていました。水泳タンクでも魚猿《うおざる》(尾のない、水泳を好む猿)の真似して游ぎ廻るのがありました。 氏自身も、馬の跳躍の模範を示されました。まず最初に馬に障碍物《ハードル》(....
[熟語リンク]
-游を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「游ぎ」例文/複合語/意味