游書き順 » 游の熟語一覧 »優游の読みや書き順(筆順)

優游の書き順(筆順)

優の書き順アニメーション
優游の「優」の書き順(筆順)動画・アニメーション
游の書き順アニメーション
優游の「游」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

優游の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. ゆう-ゆう
  2. ユウ-ユウ
  3. yuu-yuu
優17画 游12画 
総画数:29画(漢字の画数合計)
優游
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
優游と同一の読み又は似た読み熟語など
優優  悠悠  融融  優遊  大有有諸  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
游優:うゆうゆ
游を含む熟語・名詞・慣用句など
子游  游ぐ  游動  游士  游侠  游魚  游泳  優游  浮游  群游  游ぎ  陸游  上游  中天游  游禽類  柴田游翁  富士川游  本間游清    ...

優游の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

運命」より 著者:幸田露伴
んしん》 消尽《しょうじん》して 些子《さし》も無し、 受けず 人間の物色の侵すを。 これより帝|優游自適《ゆうゆうじてき》、居然として一頭陀《いちずだ》なり。九年|史彬《しひん》死し、程済《ていせい....
人生終に奈何」より 著者:高山樗牛
。 功名朝露の如し、頼むべからず、人生|終《つひ》に奈何。藐然《ばくぜん》として流俗の毀譽に關せず、優游自適其の好む所に從ふ、樂は即ち樂なりと雖も、※蛄草露に終ると孰《いづ》れぞや。栖々遑々、時を匡《た....
三太郎の日記 第一」より 著者:阿部次郎
り何等の顯著なる抗議を受ることなくして其抑揚を完くすることが出來て、吾人は素朴無邪氣に古典主義の世界に優游するを得る譯である。併し吾人の世界に在つて古典主義は遠き世の破れたる夢となつた。破れたる夢を慕ひて....
[熟語リンク]
-優を含む熟語
-游を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「優游」例文/複合語/意味