聾書き順 » 聾の熟語一覧 »聾桟敷の読みや書き順(筆順)

聾桟敷の書き順(筆順)

聾の書き順アニメーション
聾桟敷の「聾」の書き順(筆順)動画・アニメーション
桟の書き順アニメーション
聾桟敷の「桟」の書き順(筆順)動画・アニメーション
敷の書き順アニメーション
聾桟敷の「敷」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

聾桟敷の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. つんぼ-さじき
  2. ツンボ-サジキ
  3. tsunbo-sajiki
聾22画 桟10画 敷15画 
総画数:47画(漢字の画数合計)
聾棧敷
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:3文字(3字熟語リストを表示する) - 読み:6文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
聾桟敷と同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
敷桟聾:きじさぼんつ
聾を含む熟語・名詞・慣用句など
音聾  聾唖  聾児  聾者  耳聾  金聾  聾桟敷  治聾酒  聾学校  聾唖学校  兼子天聾  聾の早耳  湧上聾人    ...

聾桟敷の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

犬を連れた奥さん」より 著者:神西清
入りだった。地方の劇場といえばどこもそうだが、ここでもシャンデリヤの上の辺には靄《もや》がたなびいて、聾桟敷《つんぼさじき》ががやがやと沸き立っていた。一列目には幕あき前のひと時を、土地の伊達者《だてしゃ....
白花の朝顔」より 著者:泉鏡花
の仮装ででも出ますかね、私は大の贔屓です。」 恥ずべし、恥ずべし。……式亭三馬|嘲《あざけ》る処の、聾桟敷《つんぼさじき》のとんちきを顕《あら》わすと、 「路之助はんが、出やはるやろ。」 お絹の方が知....
[熟語リンク]
-聾を含む熟語
-桟を含む熟語
-敷を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「聾桟敷」例文/複合語/意味