彩書き順 » 彩の熟語一覧 »迷彩の読みや書き順(筆順)

迷彩の書き順(筆順)

迷の書き順アニメーション
迷彩の「迷」の書き順(筆順)動画・アニメーション
彩の書き順アニメーション
迷彩の「彩」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

迷彩の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. めい-さい
  2. メイ-サイ
  3. mei-sai
迷9画 彩11画 
総画数:20画(漢字の画数合計)
迷彩
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
迷彩と同一の読み又は似た読み熟語など
記名債券  指名債権  受命裁判官  神明裁判  清明祭  無記名債権  明細  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
彩迷:いさいめ
彩を含む熟語・名詞・慣用句など
彩ふ  濃彩  虹彩  彩釉  淡彩  単彩  多彩  星彩  水彩  色彩  七彩  迷彩  油彩  彩り  彩る  彩紋  彩文  生彩  彩漆  文彩  精彩  神彩  彩絵  彩衣  三彩  彩墨  彩管  金彩  彩色  銀彩  五彩  光彩  彩雲  彩光  顔彩  異彩  彩筆  彩層  彩色  彩陶    ...

迷彩の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

少年探偵長」より 著者:海野十三
ら》の匂いがあった。そして壁も天井も明るく黄いろく塗られて、頑丈《がんじょう》に見えた。ただ床だけは、迷彩《めいさい》をほどこした鋼材《こうざい》の動く滑走路がまん中をつらぬいているので、異様な気分をあお....
地球要塞」より 著者:海野十三
ょしゅだん》を講ずるの必要に迫られたるものにして、強烈なる磁力と、混迷せる電波とをもって巧みなる空間|迷彩《めいさい》を施し、その迷彩下において、極秘の要塞化をなしたるものにして、今やわが日本は、空中より....
色盲検査表の話」より 著者:石原忍
表で健康者と色神異常者と異った文字を読む表ができます。つまり健康者と色神異常者との色覚の差異を研究して迷彩を適当に応用したことになるのであります。 石原式欧文色盲検査表は大正六年に初版ができてから、昭和....
[熟語リンク]
-迷を含む熟語
-彩を含む熟語
類語・類義語辞典
-迷彩の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「迷彩」例文/複合語/意味