彩書き順 » 彩の熟語一覧 »光彩の読みや書き順(筆順)

光彩の書き順(筆順)

光の書き順アニメーション
光彩の「光」の書き順(筆順)動画・アニメーション
彩の書き順アニメーション
光彩の「彩」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

光彩の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. こう-さい
  2. コウ-サイ
  3. kou-sai
光6画 彩11画 
総画数:17画(漢字の画数合計)
光彩
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
光彩と同一の読み又は似た読み熟語など
学校債  還幸祭  後妻  交際  公債  校債  鉱滓  高才  高裁  国立病院機構災害医療センター  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
彩光:いさうこ
彩を含む熟語・名詞・慣用句など
彩ふ  濃彩  虹彩  彩釉  淡彩  単彩  多彩  星彩  水彩  色彩  七彩  迷彩  油彩  彩り  彩る  彩紋  彩文  生彩  彩漆  文彩  精彩  神彩  彩絵  彩衣  三彩  彩墨  彩管  金彩  彩色  銀彩  五彩  光彩  彩雲  彩光  顔彩  異彩  彩筆  彩層  彩色  彩陶    ...

光彩の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

河童」より 著者:芥川竜之介
? 答 予《よ》は必ずしも悪作なりとなさず。ただ「蛙《かわず》」を「河童《かっぱ》」とせんか、さらに光彩陸離《こうさいりくり》たるべし。 問 しからばその理由は如何《いかん》? 答 我ら河童はいかな....
「菊池寛全集」の序」より 著者:芥川竜之介
共に、幾多の特色を数え得るであろう。彼の構想力、彼の性格解剖、彼のペエソス、――それは勿論彼の作品に、光彩を与えているのに相違ない。しかしわたしはそれらの背後に、もう一つ、――いや、それよりも遥かに意味の....
河童」より 著者:芥川竜之介
はその詩を佳作なりと做《な》すや? 答 予は必しも悪作なりと做さず。唯「蛙」を「河童」とせん乎、更に光彩陸離たるべし。 問 然らばその理由は如何? 答 我等河童は如何なる芸術にも河童を求むること痛切....
[熟語リンク]
-光を含む熟語
-彩を含む熟語
類語・類義語辞典
-光彩の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「光彩」例文/複合語/意味