彩書き順 » 彩の熟語一覧 »彩光の読みや書き順(筆順)

彩光の書き順(筆順)

彩の書き順アニメーション
彩光の「彩」の書き順(筆順)動画・アニメーション
光の書き順アニメーション
彩光の「光」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

彩光の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. さい-こう
  2. サイ-コウ
  3. sai-kou
彩11画 光6画 
総画数:17画(漢字の画数合計)
彩光
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
彩光と同一の読み又は似た読み熟語など
関西広域機構  関西広域連合  国際公法  国際公務員  国際航空条約  国際航空連合  国際高等研究教育機構  催行  再興  再抗告  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
光彩:うこいさ
彩を含む熟語・名詞・慣用句など
彩ふ  濃彩  虹彩  彩釉  淡彩  単彩  多彩  星彩  水彩  色彩  七彩  迷彩  油彩  彩り  彩る  彩紋  彩文  生彩  彩漆  文彩  精彩  神彩  彩絵  彩衣  三彩  彩墨  彩管  金彩  彩色  銀彩  五彩  光彩  彩雲  彩光  顔彩  異彩  彩筆  彩層  彩色  彩陶    ...

彩光の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

沼地」より 著者:芥川竜之介
見した。発見――と云うと大袈裟《おおげさ》だが、実際そう云っても差支えないほど、この画だけは思い切って彩光の悪い片隅に、それも恐しく貧弱な縁《ふち》へはいって、忘れられたように懸かっていたのである。画は確....
人外魔境」より 著者:小栗虫太郎
でさえ容易ならぬことだのに、時偶、姿をあらわす外輪四山の山巓が、それぞれちがった色の綺《き》らびやかな彩光をはなつのだ。すなわち、紅蓮峰《リム・ボー・チェ》は紅にひかり、さらに、白蓮、青蓮、黄蓮と彩光どお....
新頌」より 著者:北原白秋
。奉る朗々たる壽詞《よごと》。湧きあがる湧きあがる 天皇陛下萬歳。 皇禮砲はとゞろきわたつた。帝都は彩光に輝き、港灣は滿艦飾した。宮をあげての簫《せう》篳篥《ひちりき》、浦安《うらやす》の舞《まひ》。國....
[熟語リンク]
-彩を含む熟語
-光を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「彩光」例文/複合語/意味