彩書き順 » 彩の熟語一覧 »三彩の読みや書き順(筆順)

三彩の書き順(筆順)

三の書き順アニメーション
三彩の「三」の書き順(筆順)動画・アニメーション
彩の書き順アニメーション
三彩の「彩」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

三彩の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. さん-さい
  2. サン-サイ
  3. san-sai
三3画 彩11画 
総画数:14画(漢字の画数合計)
三彩
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
三彩と同一の読み又は似た読み熟語など
遺産債権者  再三再四  三才  三才女  三災  三斎月  三斎市  三際  散斎  資産再評価  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
彩三:いさんさ
彩を含む熟語・名詞・慣用句など
彩ふ  濃彩  虹彩  彩釉  淡彩  単彩  多彩  星彩  水彩  色彩  七彩  迷彩  油彩  彩り  彩る  彩紋  彩文  生彩  彩漆  文彩  精彩  神彩  彩絵  彩衣  三彩  彩墨  彩管  金彩  彩色  銀彩  五彩  光彩  彩雲  彩光  顔彩  異彩  彩筆  彩層  彩色  彩陶    ...

三彩の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

やきもの読本」より 著者:小野賢一郎
、九谷、伊萬里、支那の染付、青磁等種類は多い。まあ、こんな程度の區別で大體は片づくと思ふ。 支那 〔唐三彩〕 釉藥の正體は支那唐代ではつきりつかんで裝飾を施した、所謂唐三彩がさうである。壺にしても龍頭壺....
花は勁し」より 著者:岡本かの子
、それよりもなほ広い輪郭に枝葉を張つた樹齢幾十年の大紅椿の一株活け。同じく左=籐製の大鳥籠に鳥の代りに三彩の南洋花が囀つてゐる。円柱の陰=其処の菱提灯に薄紫のリラの一房が灯つてゐる。壁の一ヶ所に張り出たボ....
支那の明器」より 著者:会津八一
つても瓦のやうに焼いて、上から胡粉を塗つて、其上へ墨や絵の具で彩色したものもあるし、唐時代などになると三彩と云つて黄、褐、緑、或は藍色の釉薬をかけた陶製のものもある。此の明器が支那でかれこれ云はれるやうに....
[熟語リンク]
-三を含む熟語
-彩を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「三彩」例文/複合語/意味