彩書き順 » 彩の熟語一覧 »水彩の読みや書き順(筆順)

水彩の書き順(筆順)

水の書き順アニメーション
水彩の「水」の書き順(筆順)動画・アニメーション
彩の書き順アニメーション
水彩の「彩」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

水彩の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. すい-さい
  2. スイ-サイ
  3. sui-sai
水4画 彩11画 
総画数:15画(漢字の画数合計)
水彩
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
水彩と同一の読み又は似た読み熟語など
円錐細胞  可睡斎  水災  水際  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
彩水:いさいす
彩を含む熟語・名詞・慣用句など
彩ふ  濃彩  虹彩  彩釉  淡彩  単彩  多彩  星彩  水彩  色彩  七彩  迷彩  油彩  彩り  彩る  彩紋  彩文  生彩  彩漆  文彩  精彩  神彩  彩絵  彩衣  三彩  彩墨  彩管  金彩  彩色  銀彩  五彩  光彩  彩雲  彩光  顔彩  異彩  彩筆  彩層  彩色  彩陶    ...

水彩の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

あの頃の自分の事」より 著者:芥川竜之介
彼はその東洋とも西洋ともつかないイエルサレムの建設をもくろみながらキエルケガアドを愛読したり、怪しげな水彩画を描いて見たりした。当時彼の描いた水彩画の一つにさかさまにした方が遙《はるか》に画らしくなるもの....
恒藤恭氏」より 著者:芥川竜之介
は常に首席なる上、仏蘭西語だの羅甸語だの、いろいろのものを修業しいたり。それから休日には植物園などへ、水彩画の写生に出かけしものなり。僕もその御伴を仰せつかり、彼の写生する傍らに半日本を読みし事も少からず....
ファラデーの伝」より 著者:愛知敬一
ワードとファラデーは親しかったので、その家に行ったりした。エドワードの弟にジョージというのがあり、後に水彩画家になった人だが、この外に三人の妹があった。長女はもはやかたづいてライド夫人となり、次女はサラと....
[熟語リンク]
-水を含む熟語
-彩を含む熟語
類語・類義語辞典
-水彩の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「水彩」例文/複合語/意味