彩書き順 » 彩の熟語一覧 »多彩の読みや書き順(筆順)

多彩の書き順(筆順)

多の書き順アニメーション
多彩の「多」の書き順(筆順)動画・アニメーション
彩の書き順アニメーション
多彩の「彩」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

多彩の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. た-さい
  2. タ-サイ
  3. ta-sai
多6画 彩11画 
総画数:17画(漢字の画数合計)
多彩
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
多彩と同一の読み又は似た読み熟語など
手形債権  多妻  多才  多細胞  山下才三郎  森田沙伊  水田西吟  川又佐一郎  川又才介  大畑才蔵  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
彩多:いさた
彩を含む熟語・名詞・慣用句など
彩ふ  濃彩  虹彩  彩釉  淡彩  単彩  多彩  星彩  水彩  色彩  七彩  迷彩  油彩  彩り  彩る  彩紋  彩文  生彩  彩漆  文彩  精彩  神彩  彩絵  彩衣  三彩  彩墨  彩管  金彩  彩色  銀彩  五彩  光彩  彩雲  彩光  顔彩  異彩  彩筆  彩層  彩色  彩陶    ...

多彩の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

三太郎の日記 第一」より 著者:阿部次郎
内容にも山から海迄の無數の高低があると同樣である。外面的道徳は内面生活無限の風光に與らない。豐富なる、多彩なる、陰影と明暗とに饒かなる精神的價値の世界に與らない。そは唯芋蟲の如く栗のイガを知る。そは僞善者....
私の履歴書」より 著者:浅沼稲次郎
をあげると竹内式部、山県大弐の勤王学者、絵師英一蝶、「絵島生島」の生島新五郎、侠客小金井小次郎など多士多彩だ。しかしこれらの流罪名士の中の英雄はなんといっても源為朝であろう。わたくしの友人で郷土史研究家の....
亜剌比亜人エルアフイ」より 著者:犬養健
ン本社へ打つた電報は次のやうなものであつた。 「マラソン優勝者エルアフイ氏は競技の直後特に私を引見し、多彩な彼の前半生について長時間語つた。原稿今夜発送する。」 五 九月はじめの巴里である。 午後三時....
[熟語リンク]
-多を含む熟語
-彩を含む熟語
類語・類義語辞典
-多彩の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「多彩」例文/複合語/意味