最書き順 » 最の熟語一覧 »最姫の読みや書き順(筆順)

最姫の書き順(筆順)

最の書き順アニメーション
最姫の「最」の書き順(筆順)動画・アニメーション
姫の書き順アニメーション
最姫の「姫」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

最姫の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. も-ひめ
  2. モ-ヒメ
  3. mo-hime
最12画 姫10画 
総画数:22画(漢字の画数合計)
最姫
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
最姫と同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
姫最:めひも
最を含む熟語・名詞・慣用句など
最勝  最前  最多  最大  最姫  最中  最中  最早  最高  最短  最中  最長  最賃  最低  最守  最源  最教  最初  最初  最純  最小  延最  最上  最終  最新  最速  最深  最澄  最盛  最円  最善  最適  最強  最愛  最奥  最悪  最下  最用  最近  最要    ...

最姫の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

大嘗祭の本義」より 著者:折口信夫
、間違ひのあつた時に、匡正してくれる神が、直日の神だから、延喜式にある所の、天子様の食事の時につかへる最姫・次姫の事から考へて見ねばならぬ。天子様が食事をせられる時に、此最姫・次姫は「とがありともなほびた....
[熟語リンク]
-最を含む熟語
-姫を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「最姫」例文/複合語/意味