最書き順 » 最の熟語一覧 »最盛の読みや書き順(筆順)

最盛の書き順(筆順)

最の書き順アニメーション
最盛の「最」の書き順(筆順)動画・アニメーション
盛の書き順アニメーション
最盛の「盛」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

最盛の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. さい-せい
  2. サイ-セイ
  3. sai-sei
最12画 盛11画 
総画数:23画(漢字の画数合計)
最盛
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
最盛と同一の読み又は似た読み熟語など
催青  再生  再生産  再製  再製造  歳星  済世  済生  祭政  細精管  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
盛最:いせいさ
最を含む熟語・名詞・慣用句など
最勝  最前  最多  最大  最姫  最中  最中  最早  最高  最短  最中  最長  最賃  最低  最守  最源  最教  最初  最初  最純  最小  延最  最上  最終  最新  最速  最深  最澄  最盛  最円  最善  最適  最強  最愛  最奥  最悪  最下  最用  最近  最要    ...

最盛の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

星座」より 著者:有島武郎
逸は白石は徳川時代における傑出《けっしゅつ》した哲学者であり、また人間であると思った。儒学《じゅがく》最盛期《さいせいき》の荻生徂徠《おぎゅうそらい》が濫《みだ》りに外来の思想を生嚼《なまかじ》りして、そ....
宇宙の始まり」より 著者:アレニウススヴァンテ
き国土をたずね、その知恵の泉を汲んで彼らの知識に対する渇きをいやそうとした。そうして古代における科学の最盛期というべきものはアレキサンドリアのプトレミー朝時代に当って見られる。ここでギリシア文化がこの古典....
ごろつきの話」より 著者:折口信夫
あるが、山三が阿国に教へたのは、早歌であつたらう。山三は、幸若の舞太夫だつたと思ふ。 当時は、幸若舞の最盛んな時代だつたので、舞ひと言へば幸若舞の事を言ふのであつた。其他、舞々・舞太夫、すべて幸若に関した....
[熟語リンク]
-最を含む熟語
-盛を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「最盛」例文/複合語/意味