性書き順 » 性の熟語一覧 »性来の読みや書き順(筆順)

性来の書き順(筆順)

性の書き順アニメーション
性来の「性」の書き順(筆順)動画・アニメーション
来の書き順アニメーション
性来の「来」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

性来の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. しょう-らい
  2. ショウ-ライ
  3. syou-rai
性8画 来7画 
総画数:15画(漢字の画数合計)
性來
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:5文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
性来と同一の読み又は似た読み熟語など
将来  招来  松籟  生来  請来  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
来性:いらうょし
性を含む熟語・名詞・慣用句など
悪性  異性  陰性  延性  化性  仮性  苛性  活性  乾性  感性  慣性  間性  帰性  記性  急性  極性  金性  屈性  傾性  月性  見性  顕性  個性  悟性  向性  恒性  硬性  剛性  根性  三性  酸性  脂性  資性  雌性  字性  磁性  自性  軸性  湿性  蛇性    ...

性来の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

」より 著者:芥川竜之介
ゑ》の道具、――もう一度この土蔵の中にさう云ふ物を飾つて見たい、――と申すのが心願でございました。が、性来一徹な父は何度わたしにせがまれても、これだけのことを許しません。「一度手附けをとつたとなりやあ、何....
じゅりあの・吉助」より 著者:芥川竜之介
別れたので、幼少の時から、土地の乙名三郎治《おとなさぶろうじ》と云うものの下男《げなん》になった。が、性来|愚鈍《ぐどん》な彼は、始終朋輩の弄《なぶ》り物にされて、牛馬同様な賤役《せんえき》に服さなければ....
開化の殺人」より 著者:芥川竜之介
第×銀行頭取|満村恭平《みつむらきようへい》の妻となりしを知りぬ。予は即座に自殺を決心したれども、予が性来の怯懦《けふだ》と、留学中|帰依《きえ》したる基督教《キリストけう》の信仰とは、不幸にして予が手を....
[熟語リンク]
-性を含む熟語
-来を含む熟語
類語・類義語辞典
-性来の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「性来」例文/複合語/意味