清書き順 » 清の熟語一覧 »清気の読みや書き順(筆順)

清気の書き順(筆順)

清の書き順アニメーション
清気の「清」の書き順(筆順)動画・アニメーション
気の書き順アニメーション
清気の「気」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

清気の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. せい-き
  2. セイ-キ
  3. sei-ki
清11画 気6画 
総画数:17画(漢字の画数合計)
清氣
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
清気と同一の読み又は似た読み熟語など
一斉教授  永世棋王  永世棋聖  音声器官  音声記号  仮性近視  華清宮  開放制教員養成制度  拡声器  冠攣縮性狭心症  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
気清:きいせ
清を含む熟語・名詞・慣用句など
河清  景清  血清  四清  宗清  仁清  正清  清げ  清逸  清陰  清栄  清音  清家  清歌  清火  清華  清雅  清介  清楽  清鑑  清閑  清韓  清気  清規  清規  清客  清興  清吟  清経  清潔  清見  清元  清原  清光  清康  清香  清刷  清算  清酒  清洲    ...

清気の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

娘煙術師」より 著者:国枝史郎
も鶴《つる》のごとしと、こうもいったら当たるであろうか、そんなにも老人は痩せていて、そうしてそんなにも清気《きよげ》であった。無紋の黒の羽織を着して、薄茶色の衣裳をまとっている。袴を避けた着流しである。大....
三日幻境」より 著者:北村透谷
れず。階を登れば老侠客|莞爾《くわんじ》として我を迎へ、相見て未だ一語を交《か》はさゞるに、満堂一種の清気|盈《み》てり。相見ざる事七年、相見る時に驟《には》かに口を開き難し、斯般《このはん》の趣味、人に....
四百年後の東京」より 著者:正岡子規
合(今の待合とやや性質を異にす)にして、毎家、幾多の蛾眉《がび》を貯ふ。房廓は昼夜数百の電燈を点じて、清気機は常に新鮮なる空気を供給す。房中の粧飾、衣服の驕奢《きょうしゃ》、楼に依り、房に依り、人に依りて....
[熟語リンク]
-清を含む熟語
-気を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「清気」例文/複合語/意味