清書き順 » 清の熟語一覧 »清見の読みや書き順(筆順)

清見の書き順(筆順)

清の書き順アニメーション
清見の「清」の書き順(筆順)動画・アニメーション
見の書き順アニメーション
清見の「見」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

清見の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. きよ-み
  2. キヨ-ミ
  3. kiyo-mi
清11画 見7画 
総画数:18画(漢字の画数合計)
清見
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
清見と同一の読み又は似た読み熟語など
清水  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
見清:みよき
清を含む熟語・名詞・慣用句など
河清  景清  血清  四清  宗清  仁清  正清  清げ  清逸  清陰  清栄  清音  清家  清歌  清火  清華  清雅  清介  清楽  清鑑  清閑  清韓  清気  清規  清規  清客  清興  清吟  清経  清潔  清見  清元  清原  清光  清康  清香  清刷  清算  清酒  清洲    ...

清見の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

婦系図」より 著者:泉鏡花
て下さい。 江尻も興津も直《じ》きそこだし、まだ知りませんが、久能山だの、竜華寺だの、名所があって、清見寺も、三保の松原も近いんですから、」 富士の山と申す、天までとどく山を御目にかけまするまで、主税....
疑問の金塊」より 著者:海野十三
うるませた。 「満洲へゆくんだ。丁度《ちょうど》幸《さいわ》い、今夜十一時に横浜《はま》を出る貨物船|清見丸《きよみまる》というのがある。その船長は銀座生れで、親しい先輩さ。そいつに話して置くから、今夜の....
中世の文学伝統」より 著者:風巻景次郎
あつしとのみや思ひわたらむ 山彦のこたふる山の時鳥《ほととぎす》ひと声なけばふた声ぞ聞く 胸は富士袖は清見が関なれや烟も波もたたぬ日ぞなき 我が恋は蓋見かはれる玉櫛笥《たまくしげ》いかにすれども合ふかたぞ....
[熟語リンク]
-清を含む熟語
-見を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「清見」例文/複合語/意味