薙書き順 » 薙の熟語一覧 »薙髪の読みや書き順(筆順)

薙髪の書き順(筆順)

薙の書き順アニメーション
薙髪の「薙」の書き順(筆順)動画・アニメーション
髪の書き順アニメーション
薙髪の「髪」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

薙髪の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. ち-はつ
  2. チ-ハツ
  3. chi-hatsu
薙16画 髪14画 
総画数:30画(漢字の画数合計)
薙髮
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
薙髪と同一の読み又は似た読み熟語など
遅発  一八  鳶尾  山口波津女  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
髪薙:つはち
薙を含む熟語・名詞・慣用句など
薙髪  草薙  薙鎌  薙刀  横薙ぎ  薙ぎ面  薙ぎ袖  薙ぎ鎌  墓薙ぎ  草薙剣  水薙鳥  佐薙毅  薙刀酸漿  薙ぎ倒す  大水薙鳥  薙ぎ立てる    ...

薙髪の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

恩讐の彼方に」より 著者:菊池寛
まき始めた。 「敵を討つ討たぬなどは、それはまだ世にあるうちのことじゃ。見らるる通り、了海どのは、染衣薙髪《せんいちはつ》の身である上に、この山国谷七郷の者にとっては、持地菩薩の再来とも仰がれる方じゃ」と....
応仁の乱」より 著者:菊池寛
一方山名氏は、新興勢力であって、持豊に至って鬱然として細川氏の一大敵国をなして来たのである。持豊は即ち薙髪《ちはつ》して宗全と云う。性、剛腹|頑陋《がんろう》、面長く顔赤き故を以て、世人これを赤入道と呼ん....
中世の文学伝統」より 著者:風巻景次郎
常縁は頗《すこぶ》る悲しんで一首の歌を詠じたのが妙椿に伝わり、同情を得て取り返すことができた。その後|薙髪《ちはつ》して素伝といい、多く小田荘郡上城にいた。文明三年宗祇に『古今集』の註解について口伝をした....
[熟語リンク]
-薙を含む熟語
-髪を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「薙髪」例文/複合語/意味