轟書き順 » 轟の熟語一覧 »轟きの読みや書き順(筆順)

轟きの書き順(筆順)

轟の書き順アニメーション
轟きの「轟」の書き順(筆順)動画・アニメーション
きの書き順アニメーション
轟きの「き」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

轟きの読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. とどろき
  2. トドロキ
  3. todoroki
轟21画 
総画数:21画(漢字の画数合計)
轟き
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
轟きと同一の読み又は似た読み熟語など
等々力渓谷  轟渓流  轟武兵衛  轟夕起子  等々力孫一郎  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
き轟:きろどと
轟を含む熟語・名詞・慣用句など
爆轟  轟沈  轟然  轟轟  轟音  轟く  轟き  轟駆け  轟渓流  轟かす  轟武兵衛  轟夕起子  胸が轟く  踏み轟かす    ...

轟きの使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

妖婆」より 著者:芥川竜之介
も外の天気は、まだ晴れ間も見えないばかりか、雷は今にも落ちかかるかと思うほど、殷々《いんいん》と頭上に轟き渡って、その度に瞳を焼くような電光が、しっきりなく蓆屋根《むしろやね》の下へも閃《ひらめ》いて来ま....
雲は天才である」より 著者:石川啄木
の視線は自分の痩せた指先の、何かは知れぬ震ひに注がれて居るのであらう。不意に打出した胸太鼓、若き生命の轟きは電の如く全身の血に波動を送る。震ふ指先で引き出したのは一枚の半紙、字が大きいので、文句は無論極め....
茸をたずねる」より 著者:飯田蛇笏
ことなどがある。樵夫《きこり》が材木を取るのである。一度|俄《にわか》にすさまじく湧き起った響が四山へ轟きわたって、その谺《こだま》は少時《しばらく》の間あたりにどよめいている。時とすると、そのあたりの杉....
[熟語リンク]
-轟を含む熟語
-きを含む熟語
類語・類義語辞典
-轟きの類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「轟き」例文/複合語/意味