喜書き順 » 喜の熟語一覧 »喜助の読みや書き順(筆順)

喜助[人名]の書き順(筆順)

喜の書き順アニメーション
喜助の「喜」の書き順(筆順)動画・アニメーション
助の書き順アニメーション
喜助の「助」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

喜助の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. きすけ
  2. キスケ
  3. kisuke
喜12画 助7画 
総画数:19画(漢字の画数合計)
喜助
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
喜助と同一の読み又は似た読み熟語など
藤原顕輔  桂三木助  安田喜助  一万田鑑相  横河時介  橋本喜助  欽古堂亀祐  見田石介  寺島秋介  多時資  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
助喜:けすき
喜を含む熟語・名詞・慣用句など
喜平  妙喜  喜色  喜助  喜捨  喜字  真喜  喜見  随喜  喜劇  喜楽  悲喜  欣喜  喜撰  喜怒  喜多  喜懼  喜遊  久喜  喜娘  狂喜  喜淵  驚喜  慶喜  後喜  禅喜  喜憂  重喜  喜雨  喜ぶ  喜雲  悦喜  延喜  歓喜  歓喜  感喜  寛喜  喜安  竜喜  良喜    ...

喜助の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

仲々死なぬ彼奴」より 著者:海野十三
一 大熊《おおくま》老人にとって、凡《およ》そ不思議な存在は、少年|喜助《きすけ》であった。 喜助君なら、今でも一緒に抱いて寝てやってもよいと思っているのであった。今年....
式部小路」より 著者:泉鏡花
おっとまかせろナは可いが、愛の野郎、三尺の尻ッこけで、ぬッと足を出して夜具戸棚を開けた工合、見習いの喜助|殿《どん》というのでがす。 勿論、絹の小掻巻。抱えて突出すと、 (かけてお上げ、) というお....
南半球五万哩」より 著者:井上円了
はさらによし)等の文字を記したる紙を貼付す。また、わが国の守り札のごときものを貼付せるあり。「文帝宝誕喜助※金何輛、老福徳宮宝誕、天后聖母宝誕※金何輛」と片紙に印刷したるものを貼付せるを見る。案ずるに、シ....
[熟語リンク]
-喜を含む熟語
-助を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「喜助」例文/複合語/意味