喜書き順 » 喜の熟語一覧 »喜撰の読みや書き順(筆順)

喜撰[人名]の書き順(筆順)

喜の書き順アニメーション
喜撰の「喜」の書き順(筆順)動画・アニメーション
撰の書き順アニメーション
喜撰の「撰」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

喜撰の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. きせん
  2. キセン
  3. kisen
喜12画 撰15画 
総画数:27画(漢字の画数合計)
喜撰
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
喜撰と同一の読み又は似た読み熟語など
喜撰岳  喜撰式  喜撰法師  基線測量  機船底引網漁業  帰先遺伝  汽船宿  輝線スペクトル  輝線星雲  金剛生駒紀泉国定公園  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
撰喜:んせき
喜を含む熟語・名詞・慣用句など
喜平  妙喜  喜色  喜助  喜捨  喜字  真喜  喜見  随喜  喜劇  喜楽  悲喜  欣喜  喜撰  喜怒  喜多  喜懼  喜遊  久喜  喜娘  狂喜  喜淵  驚喜  慶喜  後喜  禅喜  喜憂  重喜  喜雨  喜ぶ  喜雲  悦喜  延喜  歓喜  歓喜  感喜  寛喜  喜安  竜喜  良喜    ...

喜撰の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

ひょっとこ」より 著者:芥川竜之介
う事である。しかし、踊は勿論、当人が味噌を上げるほどのものではない。悪く云えば、出たらめで、善く云えば喜撰《きせん》でも踊られるより、嫌味がないと云うだけである。もっともこれは、当人も心得ていると見えて、....
縷紅新草」より 著者:泉鏡花
腰を掛けてさ、泥がつきますよ。」 「構わない。破《や》れ麻だよ。たかが墨染にて候だよ。」 「墨染でも、喜撰でも、所作舞台ではありません、よごれますわ。」 「どうも、これは。きれいなその手巾《ハンケチ》で。....
夫人利生記」より 著者:泉鏡花
ります、その紫の袈裟《けさ》を召したのは私《てまえ》が刻みました。祖師のお像《すがた》でござりますが、喜撰法師のように見えます処が、業《わざ》の至りませぬ、不束《ふつつか》ゆえで。」 と、淳朴《じゅんぼ....
[熟語リンク]
-喜を含む熟語
-撰を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「喜撰」例文/複合語/意味