喜書き順 » 喜の熟語一覧 »喜雲の読みや書き順(筆順)

喜雲[人名]の書き順(筆順)

喜の書き順アニメーション
喜雲の「喜」の書き順(筆順)動画・アニメーション
雲の書き順アニメーション
喜雲の「雲」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

喜雲の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. きうん
  2. キウン
  3. kiun
喜12画 雲12画 
総画数:24画(漢字の画数合計)
喜雲
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
喜雲と同一の読み又は似た読み熟語など
黄檗希運  高積雲  地域運営学校  地方教育行政組織運営法  野村碧雲荘  碧雲荘  希雲楚見  旗雲祖旭  季雲永岳  貴雲嶺胤  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
雲喜:んうき
喜を含む熟語・名詞・慣用句など
喜平  妙喜  喜色  喜助  喜捨  喜字  真喜  喜見  随喜  喜劇  喜楽  悲喜  欣喜  喜撰  喜怒  喜多  喜懼  喜遊  久喜  喜娘  狂喜  喜淵  驚喜  慶喜  後喜  禅喜  喜憂  重喜  喜雨  喜ぶ  喜雲  悦喜  延喜  歓喜  歓喜  感喜  寛喜  喜安  竜喜  良喜    ...

喜雲の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

十二支考」より 著者:南方熊楠
、近日|聒《やか》ましい父子血合せの法くらいは西人に先鞭を付けられずに済むだろう。たとえば万治二年中川喜雲著『私可多咄《しかたはなし》』五に『棠陰比事』を引いて、呉の張挙|訟《うった》えを聞くに、夫を殺し....
鳥影」より 著者:石川啄木
しみ》を盆の三日に盡す村人の喜悦は此上もなかつた。 村に禪寺が二つ、一つは町裏の寶徳寺、一つは下田の喜雲寺、何れも朝から村中の善男善女を其門に集めた。靜子も、母お柳の代理で、養祖母のお政や子供等と共に、....
鳥影」より 著者:石川啄木
三日に尽す村人の喜悦《よろこび》は此上もなかつた。 村に禅寺が二つ、一つは町裏の宝徳寺、一つは下田の喜雲寺、何れも朝から村中の善男善女を其門に集めた。静子も、母お柳の代理で、養祖母のお政や小供らと共に、....
[熟語リンク]
-喜を含む熟語
-雲を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「喜雲」例文/複合語/意味