聚書き順 » 聚の熟語一覧 »聚落の読みや書き順(筆順)

聚落の書き順(筆順)

聚の書き順アニメーション
聚落の「聚」の書き順(筆順)動画・アニメーション
落の書き順アニメーション
聚落の「落」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

聚落の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. じゅ-らく
  2. ジュ-ラク
  3. ju-raku
聚14画 落12画 
総画数:26画(漢字の画数合計)
聚落
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
聚落と同一の読み又は似た読み熟語など
入洛  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
落聚:くらゅじ
聚を含む熟語・名詞・慣用句など
聚合  聚散  聚楽  群聚  凝聚  聚訟  聚落  類聚  類聚  嘯聚  積聚  聚落  蟻聚  聚珍版  積聚説  聚楽第  正定聚  聚楽焼  聚楽土  聚分韻略  能山聚芸  離合聚散  鷲尾隆聚  三聚浄戒  事文類聚  類聚歌林  類聚国史  芸文類聚  類聚符宣抄  類聚三代格  類聚名義抄  類聚名物考  福聚海無量  和名類聚抄  倭名類聚鈔  水積もりて魚聚まる    ...

聚落の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

すかんぽ」より 著者:木下杢太郎
同じ花を見なかつた。水の溜つた田のわきにはおほばたねつけばなのの」は底本では「おほばたねつけばなの」]聚落《しゆうらく》が有つた。おらんだせりに似るこの十字花科植物の一種の風味有つて食ふに堪ふることは、今....
印度の古話」より 著者:幸田露伴
ひ玉ふに及びて、これ善行の報《むくい》なりと知れ、福人《ふくじん》なりとて売薪者《たきぎうり》を急に一聚落《ひとむら》の長《おさ》に封ぜられしとぞ。眼前《めのまえ》には利ありとも不善によりて保ちたる利は終....
中世の文学伝統」より 著者:風巻景次郎
、私どもの祖先はただ単にうたを持っているだけであった。 そうした頃の歌は、数かぎりなくこの日本列島の聚落《しゅうらく》のうちで、人たちの口にうたわれておったであろうが、社会生活の生長変化にともなって、生....
[熟語リンク]
-聚を含む熟語
-落を含む熟語
類語・類義語辞典
-聚落の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「聚落」例文/複合語/意味