聚書き順 » 聚の熟語一覧 »積聚の読みや書き順(筆順)

積聚の書き順(筆順)

積の書き順アニメーション
積聚の「積」の書き順(筆順)動画・アニメーション
聚の書き順アニメーション
積聚の「聚」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

積聚の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. しゃく-じゅ
  2. シャク-ジュ
  3. syaku-ju
積16画 聚14画 
総画数:30画(漢字の画数合計)
積聚
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:5文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
積聚と同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
聚積:ゅじくゃし
聚を含む熟語・名詞・慣用句など
聚合  聚散  聚楽  群聚  凝聚  聚訟  聚落  類聚  類聚  嘯聚  積聚  聚落  蟻聚  聚珍版  積聚説  聚楽第  正定聚  聚楽焼  聚楽土  聚分韻略  能山聚芸  離合聚散  鷲尾隆聚  三聚浄戒  事文類聚  類聚歌林  類聚国史  芸文類聚  類聚符宣抄  類聚三代格  類聚名義抄  類聚名物考  福聚海無量  和名類聚抄  倭名類聚鈔  水積もりて魚聚まる    ...

積聚の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

美的生活を論ず」より 著者:高山樗牛
は、古の哲學者の如く、大地を負へる龜を負ふものの何物なるかを究むるを寧ろ賢なりとせむ。畢竟知識は疑問の積聚のみ、一疑※かに解すれば一疑新たに次ぐ。依つて以て安住の地盤を求めむは、百年坐して河清を待つに等し....
支那人間に於ける食人肉の風習」より 著者:桑原隲蔵
良民避亂入山築柵自保者)鬻之。人直數百緡。以肥瘠論價。」 (2)僖宗中和三年(八八三)六月 「時民間無積聚。{黄巣}賊掠人爲糧。生投於碓磑。併骨食之。號給糧之處。曰舂磨寨。」 (3)僖宗光啓三年(八八七)....
手長と足長」より 著者:喜田貞吉
陸風土記那賀郡大櫛岡の条に、「上古人あり体極めて長大、身丘壟の上に居て蜃を採て之を食ふ。其の食ふ所の貝積聚りて岡を為す」とあるのと全く同一説話で、けだし後世海岸から離れた地に貝塚のあるのを見て、手の長い人....
[熟語リンク]
-積を含む熟語
-聚を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「積聚」例文/複合語/意味