聖書き順 » 聖の熟語一覧 »聖寵の読みや書き順(筆順)

聖寵の書き順(筆順)

聖の書き順アニメーション
聖寵の「聖」の書き順(筆順)動画・アニメーション
寵の書き順アニメーション
聖寵の「寵」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

聖寵の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. せい-ちょう
  2. セイ-チョウ
  3. sei-chou
聖13画 寵19画 
総画数:32画(漢字の画数合計)
聖寵
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:5文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
聖寵と同一の読み又は似た読み熟語など
炎症性腸疾患  起立性調節障害  強制徴収  強制調停  錦静鳥  原子力規制庁  行政庁  国勢調査  国政調査権  純正調  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
寵聖:うょちいせ
聖を含む熟語・名詞・慣用句など
聖体  聖殿  聖徒  聖堂  聖道  聖徳  聖日  聖杯  聖廟  聖文  聖別  聖母  聖天  聖典  聖代  聖沢  聖誕  聖壇  聖断  聖地  聖寵  聖朝  聖勅  聖帝  聖哲  聖宝  聖方  聖明  石聖  先聖  俗聖  戴聖  大聖  大聖  俳聖  凡聖  列聖  聖跡  聖目  聖躬    ...

聖寵の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

ジャン・クリストフ」より 著者:豊島与志雄
色が、今はよみがえっていた。クリストフの心に愛がもどって来るとともに、景色にも生命がもどってきていた。聖寵《せいちょう》に触れた魂の奇跡よ! その魂は生に眼覚める。その周囲でもすべてが生き返る。心臓はふた....
省察」より 著者:デカルトルネ
から、まったく真であります。まことに信仰は神の賜物でありまするゆえに、余のことがらを信ぜしめんがために聖寵を垂れたまうその神はまた、神の存在したまうことをば我々をして信ぜしめんがために聖寵を垂れ得たまうか....
ハビアン説法」より 著者:神西清
れ、満々として洪河の如《ごと》く」だつたといふ。その地が今化してエケレジヤとなり、信徒が群れ、ガラサ(聖寵)は降《くだ》り、朝夕アンゼラスの鐘が鳴る。世事|茫々《ぼうぼう》とはこの事だらうか。 もつとも....
[熟語リンク]
-聖を含む熟語
-寵を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「聖寵」例文/複合語/意味