聖書き順 » 聖の熟語一覧 »聖朝の読みや書き順(筆順)

聖朝の書き順(筆順)

聖の書き順アニメーション
聖朝の「聖」の書き順(筆順)動画・アニメーション
朝の書き順アニメーション
聖朝の「朝」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

聖朝の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. せい-ちょう
  2. セイ-チョウ
  3. sei-chou
聖13画 朝12画 
総画数:25画(漢字の画数合計)
聖朝
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:5文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
聖朝と同一の読み又は似た読み熟語など
炎症性腸疾患  起立性調節障害  強制徴収  強制調停  錦静鳥  原子力規制庁  行政庁  国勢調査  国政調査権  純正調  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
朝聖:うょちいせ
聖を含む熟語・名詞・慣用句など
聖体  聖殿  聖徒  聖堂  聖道  聖徳  聖日  聖杯  聖廟  聖文  聖別  聖母  聖天  聖典  聖代  聖沢  聖誕  聖壇  聖断  聖地  聖寵  聖朝  聖勅  聖帝  聖哲  聖宝  聖方  聖明  石聖  先聖  俗聖  戴聖  大聖  大聖  俳聖  凡聖  列聖  聖跡  聖目  聖躬    ...

聖朝の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

木曽義仲論」より 著者:芥川竜之介
の健児たるの真骨頭は、千載の後猶残れる也。かくして粟津原頭の窮死、何の憾む所ぞ。春風秋雨七百歳、今や、聖朝の徳沢一代に光被し、新興の気運隆々として虹霓の如く、昇平の気象将に天地に満ちむとす。蒼生鼓腹して治....
伊沢蘭軒」より 著者:森鴎外
。 詩は七律一、五律二、七絶一が集に載せてある。今其七律を録する。「入京。家々櫛比且豊饒。千載皇京属聖朝。仙署客鳴珠履過。青雲路向紫宸遙。東西※寺金銀閣。上下長橋三五条。観得都人風化好。陌頭来往不相驕。....
橘曙覧評伝」より 著者:折口信夫
熱と共に、更に新しい文芸復興の時代が来ることを、明治二十年代の国学者は夢想もしなかつたであらうし、明治聖朝の稜威《ミイツ》に浴するかせぬかに、此世を去つた曙覧の、まだ旧時代の夢深かつた此歌製作時代には、固....
[熟語リンク]
-聖を含む熟語
-朝を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「聖朝」例文/複合語/意味