聖書き順 » 聖の熟語一覧 »聖勅の読みや書き順(筆順)

聖勅の書き順(筆順)

聖の書き順アニメーション
聖勅の「聖」の書き順(筆順)動画・アニメーション
勅の書き順アニメーション
聖勅の「勅」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

聖勅の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. せい-ちょく
  2. セイ-チョク
  3. sei-choku
聖13画 勅9画 
総画数:22画(漢字の画数合計)
聖敕
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:5文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
聖勅と同一の読み又は似た読み熟語など
正直  誠直  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
勅聖:くょちいせ
聖を含む熟語・名詞・慣用句など
聖体  聖殿  聖徒  聖堂  聖道  聖徳  聖日  聖杯  聖廟  聖文  聖別  聖母  聖天  聖典  聖代  聖沢  聖誕  聖壇  聖断  聖地  聖寵  聖朝  聖勅  聖帝  聖哲  聖宝  聖方  聖明  石聖  先聖  俗聖  戴聖  大聖  大聖  俳聖  凡聖  列聖  聖跡  聖目  聖躬    ...

聖勅の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

蝸牛の角」より 著者:和辻哲郎
感ずるであろう。天下万民が「おのおのその志を遂げ、人心をして倦まざらしめんことを要す」とは、明治大帝の聖勅である。おのれのみが志を遂げんために利を逐うて狂奔する虚業家、或いは政治家、おのれの心のみを倦まざ....
[熟語リンク]
-聖を含む熟語
-勅を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「聖勅」例文/複合語/意味