聖書き順 » 聖の熟語一覧 »聖別の読みや書き順(筆順)

聖別の書き順(筆順)

聖の書き順アニメーション
聖別の「聖」の書き順(筆順)動画・アニメーション
別の書き順アニメーション
聖別の「別」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

聖別の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. せい-べつ
  2. セイ-ベツ
  3. sei-betsu
聖13画 別7画 
総画数:20画(漢字の画数合計)
聖別
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
聖別と同一の読み又は似た読み熟語など
性別  生別  生別離  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
別聖:つべいせ
聖を含む熟語・名詞・慣用句など
聖体  聖殿  聖徒  聖堂  聖道  聖徳  聖日  聖杯  聖廟  聖文  聖別  聖母  聖天  聖典  聖代  聖沢  聖誕  聖壇  聖断  聖地  聖寵  聖朝  聖勅  聖帝  聖哲  聖宝  聖方  聖明  石聖  先聖  俗聖  戴聖  大聖  大聖  俳聖  凡聖  列聖  聖跡  聖目  聖躬    ...

聖別の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

愛と認識との出発」より 著者:倉田百三
性の要求の飽和が感じられるようになってゆくことはあり得ぬことではなかろう。(私はあの古風なキリスト教の聖別《きよめ》という宗教的経験を注意せざるを得ない)。創世記《そうせいき》によるもアダムとイブは楽園に....
神曲」より 著者:ダンテアリギエリ
九八八年即ちカペー即位の翌年なり 【寡となれる】ルイ五世の死によりて 【かの受膏の族】原、これ等の者の聖別せられし骨(即ちカペー家よりいでし前記の諸王) 六一―六三 【プロヴェンツア】一二四六年、シヤルル....
[熟語リンク]
-聖を含む熟語
-別を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「聖別」例文/複合語/意味