以書き順 » 以の熟語一覧 »以下の読みや書き順(筆順)

以下の書き順(筆順)

以の書き順アニメーション
以下の「以」の書き順(筆順)動画・アニメーション
下の書き順アニメーション
以下の「下」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

以下の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. い-か:い-げ
  2. イ-カ:イ-ゲ
  3. i-ka:i-ge
以5画 下3画 
総画数:8画(漢字の画数合計)
以下
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:5文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
以下と同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
下以:げい:かい
以を含む熟語・名詞・慣用句など
以下  以仙  以十  以登  以円  重以  以来  以前  所以  以上  以降  以往  以北  以後  以外  以次  一以  以遠  孝以  以之  以西  以南  以東  以内  以南  香以  以哉坊  以呂波  森喬以  旁以て  以中坊  都以中  以文会  実以て  神以て  林以文  以仁王  今以て  以遠権  以酊庵    ...

以下の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

ある自殺者の手記」より 著者:秋田滋
る。この手記は鋭い神経をもつ人や感じやすい者のみに解るような悲惨な最後の理由を述べ尽しているのである。以下その手記である、―― 夜も更けた、もう真夜中である。私はこの手記を書いてしまうと自殺をするのだ。....
ファラデーの伝」より 著者:愛知敬一
りと御気に召した様に致しましょう。ただの友人より以上の者に私がなりたいと希《こ》い願ったからとて、友人以下の者にしてしまいて、罰されぬようにと祈りております。もし現在以上に貴女が私に御許し下さることが出来....
南洲手抄言志録」より 著者:秋月種樹
六〇 周子主靜、謂心守本體。※説自註無欲故靜、程伯氏因此有天理人欲之説。叔子持敬工夫亦在此。朱陸以下雖各有得力處、而畢竟不出此範圍。不意至明儒、朱陸分黨如敵讐。何以然邪。今之學者、宜以平心待之。取其....
[熟語リンク]
-以を含む熟語
-下を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「以下」例文/複合語/意味