狐書き順 » 狐の熟語一覧 »白狐の読みや書き順(筆順)

白狐の書き順(筆順)

白の書き順アニメーション
白狐の「白」の書き順(筆順)動画・アニメーション
狐の書き順アニメーション
白狐の「狐」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

白狐の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. しろ-ぎつね
  2. シロ-ギツネ
  3. shiro-gitsune
白5画 狐9画 
総画数:14画(漢字の画数合計)
白狐
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:5文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
白狐と同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
狐白:ねつぎろし
狐を含む熟語・名詞・慣用句など
狐窓  狐塚  狐罠  小狐  狐狸  子狐  董狐  牝狐  狐狼  狐福  狐飯  狐猿  狐火  狐疑  狐拳  狐戸  狐色  野狐  北狐  野狐  狐臭  昼狐  蒼狐  狐薊  釣狐  白狐  白狐  銀狐  管狐  古狐  狐忠信  狐釣り  三野狐  狐日和  狐落し  狐遣い  狐憑き  狐物語  御先狐  師走狐    ...

白狐の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

陽炎座」より 著者:泉鏡花
青い影が射《さ》した。美しい女《ひと》は、ふと紳士を見た。 「お稲荷《いなり》、稲荷さんと云うんだね、白狐《しろぎつね》の化けた処なんだろう。」 わけもなくそう云って、紳士は、ぱっと巻莨《まきたばこ》に....
葬列」より 著者:石川啄木
、稻荷社の背面には、高い床下に特別な小龕《せうがん》を造られてある。これは、夜な/\正一位樣の御使なる白狐が來て寢る處とかいふ事で、かの鰯の頭も信心柄の殊勝な連中が、時に豆腐の油揚や干鯡《ほしにしん》、乃....
葬列」より 著者:石川啄木
、稲荷社の背面には、高い床下に特別な小龕《せうがん》が造られてある。これは、夜な/\正一位様の御使なる白狐が来て寝る処とかいふ事で、かの鰯の頭も信心柄の殊勝な連中が、時に豆腐の油揚や干鯡《ほしにしん》、乃....
[熟語リンク]
-白を含む熟語
-狐を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「白狐」例文/複合語/意味