園書き順 » 園の熟語一覧 »開園の読みや書き順(筆順)

開園の書き順(筆順)

開の書き順アニメーション
開園の「開」の書き順(筆順)動画・アニメーション
園の書き順アニメーション
開園の「園」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

開園の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. かい-えん
  2. カイ-エン
  3. kai-en
開12画 園13画 
総画数:25画(漢字の画数合計)
開園
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
開園と同一の読み又は似た読み熟語など
快演  怪演  開演  法界縁起  融解塩  海燕  海塩  海淵  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
園開:んえいか
園を含む熟語・名詞・慣用句など
園芸  園原  園児  園舎  園主  園神  園生  園池  園丁  園長  園庭  園圃  園林  開園  学園  楽園  休園  桑園  古園  故園  公園  菜園  在園  就園  小園  僧園  荘園  造園  卒園  茶園  茶園  庭園  転園  桃園  桃園  入園  農園  閉園  名園  薬園    ...

開園の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

葬列」より 著者:石川啄木
になるのだが、自分は毛頭|恁《こん》な感じは起さなんだ。何故《なぜ》といふまでもない。漸々《やう/\》開園式が濟んだ許りの、文明的な、整然《きちん》とした、別に俗氣のない、そして依然《やはり》昔と同じ美し....
葬列」より 著者:石川啄木
のける種になるのだが、自分は毛頭|恁《こん》な感じは起さなんだ。何故といふまでもない。漸々《やうやう》開園式が済んだ許りの、文明的な、整然《きちん》とした、別に俗気のない、そして依然《やはり》昔と同じ美し....
上野」より 著者:永井荷風
夏は納涼、秋は菊見遊山をかねる出養生、客あし繁き宿ながら、時しも十月中旬の事とて、団子坂の造菊も、まだ開園にはならざる程ゆゑ、この温泉も静にして浴場は例の如く込合へども皆湯銭並の客人のみ、座敷に通るは最稀....
[熟語リンク]
-開を含む熟語
-園を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「開園」例文/複合語/意味