聖書き順 » 聖の熟語一覧 »聖誕の読みや書き順(筆順)

聖誕の書き順(筆順)

聖の書き順アニメーション
聖誕の「聖」の書き順(筆順)動画・アニメーション
誕の書き順アニメーション
聖誕の「誕」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

聖誕の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. せい-たん
  2. セイ-タン
  3. sei-tan
聖13画 誕15画 
総画数:28画(漢字の画数合計)
聖誕
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
聖誕と同一の読み又は似た読み熟語など
塩基性炭酸鉛  塩基性炭酸銅  活性炭  起立性蛋白尿  植物性蛋白質  正旦  生誕  製炭  西端  伝染性単核症  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
誕聖:んたいせ
聖を含む熟語・名詞・慣用句など
聖体  聖殿  聖徒  聖堂  聖道  聖徳  聖日  聖杯  聖廟  聖文  聖別  聖母  聖天  聖典  聖代  聖沢  聖誕  聖壇  聖断  聖地  聖寵  聖朝  聖勅  聖帝  聖哲  聖宝  聖方  聖明  石聖  先聖  俗聖  戴聖  大聖  大聖  俳聖  凡聖  列聖  聖跡  聖目  聖躬    ...

聖誕の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

伊沢蘭軒」より 著者:森鴎外
に高公嵩《かうこうすう》、高初暹《かうしよせん》、高凡鳥《かうぼんてう》、高俊民《かうしゆんみん》、高聖誕《かうせいたん》、高石居《かうせききよ》、高文鳳《かうぶんほう》があり、竹田の集に高嵩谷《かうすう....
即興詩人」より 著者:アンデルセンハンス・クリスチャン
りき。これによりて、我を神のおん子なりとする、人々の惑は、日にけに深くなりまさりぬ。 さる程に嬉しき聖誕祭は近づきぬ。つねは山住ひする牧者の笛ふき(ピツフエラリ)となりたるが、短き外套着て、紐あまた下げ....
橘曙覧評伝」より 著者:折口信夫
、廿二日土山に著かせられてゐる。此日初めて、天長節の御儀を行はせられ、賜宴がある。之より先八月廿六日、聖誕日を天長節と称し、賀宴を賜ひ、刑戮を止めるよしの布告があつた。光仁天皇御宇の旧制に復したのである。....
[熟語リンク]
-聖を含む熟語
-誕を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「聖誕」例文/複合語/意味