書書き順 » 書の熟語一覧 »覚書の読みや書き順(筆順)

覚書[覚(え)書(き)]の書き順(筆順)

覚の書き順アニメーション
覚書の「覚」の書き順(筆順)動画・アニメーション
書の書き順アニメーション
覚書の「書」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

覚書の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. おぼえ-がき
  2. オボエ-ガキ
  3. oboe-gaki
覚12画 書10画 
総画数:22画(漢字の画数合計)
覺書
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:5文字
同義で送り仮名違い:覚え書き
スポンサーリンク
覚書と同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
書覚:きがえぼお
書を含む熟語・名詞・慣用句など
愛書  悪書  医書  為書  異書  緯書  遺書  一書  印書  淫書  韻書  右書  羽書  英書  艶書  奥書  押書  横書  音書  夏書  歌書  賀書  覚書  角書  楽書  割書  感書  漢書  漢書  漢書  願書  奇書  寄書  寄書  貴書  偽書  戯書  吉書  急書  挟書    ...

覚書の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

朱日記」より 著者:泉鏡花
職員のが散《ちら》ばったが、その控えた前だけ整然として、硯箱《すずりばこ》を右手《めて》へ引附け、一冊覚書らしいのを熟《じっ》と視《なが》めていたのが、抜上った額の広い、鼻のすっと隆《たか》い、髯の無い、....
」より 著者:池谷信三郎
能調査、精神鑑定を行った。以下に書きつけられた会話筆記は、その中から適宜《てきぎ》に取りだした断片的の覚書である。 問。被告は感情に何かひどい刺戟《しげき》を受けたことはないか? 答。橋の向うの彼女を知ろ....
ファラデーの伝」より 著者:愛知敬一
てがわれ、ここに泊ることとなった。 どういう仕事をするのかというと、王立協会の幹事との間に作成された覚書の今に残っているのによると、「講師や教授の講義する準備をしたり、講義の際の手伝いをしたり、器械の入....
[熟語リンク]
-覚を含む熟語
-書を含む熟語
類語・類義語辞典
-覚書の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「覚書」例文/複合語/意味