書書き順 » 書の熟語一覧 »楽書の読みや書き順(筆順)

楽書の書き順(筆順)

楽の書き順アニメーション
楽書の「楽」の書き順(筆順)動画・アニメーション
書の書き順アニメーション
楽書の「書」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

楽書の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. がくしょ
  2. ガクショ
  3. gakusyo
楽13画 書10画 
総画数:23画(漢字の画数合計)
樂書
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
楽書と同一の読み又は似た読み熟語など
仙覚抄  全国繊維化学食品流通サービス一般労働組合同盟  古学小伝  吉川英治文学賞  小学唱歌集  山家学生式  川端康成文学賞  泉鏡花文学賞  生学生  田南岳璋  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
書楽:ょしくが
書を含む熟語・名詞・慣用句など
愛書  悪書  医書  為書  異書  緯書  遺書  一書  印書  淫書  韻書  右書  羽書  英書  艶書  奥書  押書  横書  音書  夏書  歌書  賀書  覚書  角書  楽書  割書  感書  漢書  漢書  漢書  願書  奇書  寄書  寄書  貴書  偽書  戯書  吉書  急書  挟書    ...

楽書の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

十円札」より 著者:芥川竜之介
縁《がくぶち》の中へ入れても――いや、手垢《てあか》ばかりではない。何か大きい10の上に細かいインクの楽書《らくがき》もある。彼は静かに十円札を取り上げ、口の中にその文字を読み下した。 「ヤスケニシヨウカ....
薄紅梅」より 著者:泉鏡花
や、仙台、紀文を凌駕《りょうが》するものである。 と、大理石の建物にはあるまじき、ひょろひょろとした楽書《らくがき》の形になって彳《たたず》む処に、お濠《ほり》の方から、円タクが、するすると流して来て、....
幸福のうわおいぐつ」より 著者:アンデルセンハンス・クリスチャン
うの手がでて来て、相変らず「ミゼラビリ・エチェレンツア」と鼻をならしつづけました。壁のうえにはたくさん楽書《らくがき》がしてありましたが、その半分は*「ベルラ・イタリア」にはんたいなことばばかりでした。 ....
[熟語リンク]
-楽を含む熟語
-書を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「楽書」例文/複合語/意味