聖書き順 » 聖の熟語一覧 »聖典の読みや書き順(筆順)

聖典の書き順(筆順)

聖の書き順アニメーション
聖典の「聖」の書き順(筆順)動画・アニメーション
典の書き順アニメーション
聖典の「典」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

聖典の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. せい-てん
  2. セイ-テン
  3. sei-ten
聖13画 典8画 
総画数:21画(漢字の画数合計)
聖典
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
聖典と同一の読み又は似た読み熟語など
恒星天  恒星天文学  湿性天然ガス  性典  性転換  成典  星点  晴天  正典  盛典  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
典聖:んていせ
聖を含む熟語・名詞・慣用句など
聖体  聖殿  聖徒  聖堂  聖道  聖徳  聖日  聖杯  聖廟  聖文  聖別  聖母  聖天  聖典  聖代  聖沢  聖誕  聖壇  聖断  聖地  聖寵  聖朝  聖勅  聖帝  聖哲  聖宝  聖方  聖明  石聖  先聖  俗聖  戴聖  大聖  大聖  俳聖  凡聖  列聖  聖跡  聖目  聖躬    ...

聖典の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

宇宙の始まり」より 著者:アレニウススヴァンテ
のなかった僧侶らのために大分違った方へ導かれていたために、決して科学向きにはなっていなかった。そうして聖典コーランこそ完全に誤りのない典拠だということになっていたのである。しかし本来から言えばマホメットの....
読書八境」より 著者:市島春城
てゐるから、読書には尤も此境が適する。古来多くの賢哲が僧院より輩出してゐるのは偶然でない。是の如き処に聖典を読み禅学を修め哲理を講ずるは最もふさはしいとされるが、必らずしも哲学研究の擅場とするにも及ぶまい....
欝金草売」より 著者:上田敏
してゐる。博士ホイルテンの指の下に羊皮紙の擦れる音ばかりだ。博士は彩色の飾文字《かざりもじ》を散らした聖典を見つめてゐて、たまに眼を放てば、うつすり曇る水盤の中に泳ぐ二|尾《ひき》の魚の金《きん》と紅《あ....
[熟語リンク]
-聖を含む熟語
-典を含む熟語
類語・類義語辞典
-聖典の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「聖典」例文/複合語/意味