聖書き順 » 聖の熟語一覧 »聖明の読みや書き順(筆順)

聖明の書き順(筆順)

聖の書き順アニメーション
聖明の「聖」の書き順(筆順)動画・アニメーション
明の書き順アニメーション
聖明の「明」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

聖明の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. せい-めい
  2. セイ-メイ
  3. sei-mei
聖13画 明8画 
総画数:21画(漢字の画数合計)
聖明
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
聖明と同一の読み又は似た読み熟語など
永世名人  行政命令  骨性迷路  性命  清明  生命  盛名  精明  声名  声明  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
明聖:いめいせ
聖を含む熟語・名詞・慣用句など
聖体  聖殿  聖徒  聖堂  聖道  聖徳  聖日  聖杯  聖廟  聖文  聖別  聖母  聖天  聖典  聖代  聖沢  聖誕  聖壇  聖断  聖地  聖寵  聖朝  聖勅  聖帝  聖哲  聖宝  聖方  聖明  石聖  先聖  俗聖  戴聖  大聖  大聖  俳聖  凡聖  列聖  聖跡  聖目  聖躬    ...

聖明の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

安吾の新日本地理」より 著者:坂口安吾
った。百済は高句麗同様、扶余族と称せられている。日本の仏教は欽明天皇の時、今から千四百年ほど前に百済の聖明王から伝えられたと云われているのである。 ともかく扶余族の発祥地はハッキリしないが満洲から朝鮮へ....
二千六百年史抄」より 著者:菊池寛
天皇の御英明に依るものだと思はれるのである。 * 欽明天皇の十三年(皇紀一二一二西暦 五五二)百済の聖明王が、特使を我国に遣はして、仏像や経論を献じて来た。 天皇は、百済王の上表を聴召《きこしめ》して....
南半球五万哩」より 著者:井上円了
揚然、暫待天候回復日、突進極地着先鞭、我在濠都始相会、挙杯重祝一行全、前途遼遠請自愛、只望君攀極山巓、聖明天子今長在、早樹国旗奏凱旋。 (忠義の心は鉄のように船よりも堅く、生命をかけてはるかに南極のかなた....
[熟語リンク]
-聖を含む熟語
-明を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「聖明」例文/複合語/意味