発書き順 » 発の熟語一覧 »発喪の読みや書き順(筆順)

発喪の書き順(筆順)

発の書き順アニメーション
発喪の「発」の書き順(筆順)動画・アニメーション
喪の書き順アニメーション
発喪の「喪」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

発喪の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. はっ-そう
  2. ハッ-ソウ
  3. haxtusou
発9画 喪12画 
総画数:21画(漢字の画数合計)
發喪
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
発喪と同一の読み又は似た読み熟語など
八双  八相  八草  発想  発装  発走  発送  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
喪発:うそっは
発を含む熟語・名詞・慣用句など
発情  発想  発装  発走  発送  発足  発足  発達  進発  発端  発端  発地  発着  発程  発程  発展  発喪  発喪  発船  増発  早発  双発  創発  発色  発信  発心  発振  先発  発疹  発疹  発生  発声  発赤  発赤  伸発  発電  触発  発付  発布  発泡    ...

発喪の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

伊沢蘭軒」より 著者:森鴎外
》には七人の名がある。原文の儘に録すれば、下《しも》の如くである。「正月廿七日小野蘭山(八十二歳、二月発喪)細見権十郎(三月十六日、実は八月十四日、号秋月院道法日観居士)加藤定四郎(四月十九日朝)太田備後....
」より 著者:岸田国士
れて泰平郷経営者田沢元代議士が駈けつけ、地元の警察の手続等、玄人として鮮かに采配を振つた。 しかし、発喪は東京の本邸でといふ習はしに従ひ、伯爵の遺骸はこれら近親の人々に護られて、翌朝、この山荘を出る手筈....
村のひと騒ぎ」より 著者:坂口安吾
分るのである。「お前はこういふことに大変くわしいと思ふのだが、あのねえ、お峯や、高貴な方には一日ばかり発喪をおくらすといふことも間々あるやうに言はれとるが……」 ところが、めざとい女房は夫の魂胆をひどく....
[熟語リンク]
-発を含む熟語
-喪を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「発喪」例文/複合語/意味