発書き順 » 発の熟語一覧 »発足の読みや書き順(筆順)

発足の書き順(筆順)

発の書き順アニメーション
発足の「発」の書き順(筆順)動画・アニメーション
足の書き順アニメーション
発足の「足」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

発足の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. ほっ-そく
  2. ホッ-ソク
  3. hoxtusoku
発9画 足7画 
総画数:16画(漢字の画数合計)
發足
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
発足と同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
足発:くそっほ
発を含む熟語・名詞・慣用句など
発情  発想  発装  発走  発送  発足  発足  発達  進発  発端  発端  発地  発着  発程  発程  発展  発喪  発喪  発船  増発  早発  双発  創発  発色  発信  発心  発振  先発  発疹  発疹  発生  発声  発赤  発赤  伸発  発電  触発  発付  発布  発泡    ...

発足の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

星座」より 著者:有島武郎
古《けいこ》休みにいたしたくあしからず御容赦《ごようしゃ》くださるべく候なお明日は健康のいかんを問わず発足して帰省いたすべき用事これあり滞在日数のほども不定に候えば今後の稽古もいつにあいなるべきやこれまた....
義血侠血」より 著者:泉鏡花
る者とは、おのおのその務むべきところを務むるに専《もっぱら》なりき。 かくて翌日まさに福井に向かいて発足すべき三日目の夜の興行を※《お》わりたりしは、一時に垂《なんな》んとするころなりき。白昼《ひるま》....
八犬伝談余」より 著者:内田魯庵
遍読んだか解らない。(私には限らない、当時の貸本屋フワンは誰でもだったが)信乃《しの》が滸我《こが》へ発足する前晩|浜路《はまじ》が忍んで来る一節や、荒芽山《あらめやま》の音音《おとね》の隠れ家に道節《ど....
[熟語リンク]
-発を含む熟語
-足を含む熟語
類語・類義語辞典
-発足の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「発足」例文/複合語/意味