発書き順 » 発の熟語一覧 »発達の読みや書き順(筆順)

発達の書き順(筆順)

発の書き順アニメーション
発達の「発」の書き順(筆順)動画・アニメーション
達の書き順アニメーション
発達の「達」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

発達の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. はっ-たつ
  2. ハッ-タツ
  3. haxtutatsu
発9画 達12画 
総画数:21画(漢字の画数合計)
發達
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
発達と同一の読み又は似た読み熟語など
八達  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
達発:つたっは
発を含む熟語・名詞・慣用句など
発情  発想  発装  発走  発送  発足  発足  発達  進発  発端  発端  発地  発着  発程  発程  発展  発喪  発喪  発船  増発  早発  双発  創発  発色  発信  発心  発振  先発  発疹  発疹  発生  発声  発赤  発赤  伸発  発電  触発  発付  発布  発泡    ...

発達の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

開化の良人」より 著者:芥川竜之介
んぱつ》を心に与えたので、私は子爵の言《ことば》が終ると共に、話題を当時から引離して、一般的な浮世絵の発達へ運ぼうと思っていた。しかし本多子爵は更に杖の銀の握りで、芳年の浮世絵を一《ひと》つ一《ひと》つさ....
芸術その他」より 著者:芥川竜之介
ば芸術功利説に堕ちる。 × 完成とは読んでそつのない作品を拵へる事ではない。分化発達した芸術上の理想のそれぞれを完全に実現させる事だ。それがいつも出来なければ、その芸術家は恥ぢなけれ....
支那の明器」より 著者:会津八一
として大昔から古銅器即ち鐘鼎の類が非常に尊重されたものであるし、唐宋以後になれば支那特有の絵画も次第に発達して其遺品も今日に於ては豊富に伝へて居る。しかし唐時代以前の美術彫刻はと云へば、これまでは漢時代の....
[熟語リンク]
-発を含む熟語
-達を含む熟語
類語・類義語辞典
-発達の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「発達」例文/複合語/意味