宛書き順 » 宛の熟語一覧 »宛もの読みや書き順(筆順)

宛もの書き順(筆順)

宛の書き順アニメーション
宛もの「宛」の書き順(筆順)動画・アニメーション
もの書き順アニメーション
宛もの「も」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

宛もの読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. あたか-も
  2. アタカ-モ
  3. ataka-mo
宛8画 
総画数:8画(漢字の画数合計)
宛も
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
宛もと同一の読み又は似た読み熟語など
恰も  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
も宛:もかたあ
宛を含む熟語・名詞・慣用句など
宛行  宛文  所宛  肩宛  宛行  宛宛  宛状  宛然  宛転  宛も  宛書  宛所  宛先  宛字  宛名  大宛  名宛  名宛人  宛行う  宛行ふ  宛てる  宛てがい  宛てがう  宛てがい扶持    ...

宛もの使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

ファラデーの伝」より 著者:愛知敬一
たチンダルの書いたファラデー伝には、「これにも優りて、雄々しく、清らかなる、不変の愛情他にあるべきや。宛も燃ゆるダイヤモンドのその如く、四十六年の長きに亘りて、煙なき、純白の光を放ちつつ燃えぬ」 と、美し....
吾等の使命」より 著者:石川三四郎
は最早や、農民問題も、農村問題も無いのである。天下悉く商民商村と化した今日、特に農民自治などを叫ぶのは宛も時代錯誤ではないか。 それは、その通り、時代錯誤に相違ない。今日の問題は、農民の自治といふことで....
元日の釣」より 著者:石井研堂
んで無く、只、氷こわし棒の、長いのでも持ツてる者が、勝《かち》を取るだけですから…………。』 此の時、宛も下婢《かひ》の持ち出でゝ、膳の脇に据えたる肴《さかな》は、鮒の甘露煮と焼|沙魚《はぜ》の三杯酢なり....
[熟語リンク]
-宛を含む熟語
-もを含む熟語
類語・類義語辞典
-宛もの類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「宛も」例文/複合語/意味